京都のお寺:両足院(りょうそくいん)の見どころと行き方

LINEで送る
Pocket

  • 日本語
  • English
  • 中文(繁體)

ryosokuin-01-txt

両足院(りょうそくいん)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院です。

室町時代初期の1358年に、建仁寺の第三十五世である龍山徳見(りゅうざんとくけん)により創建されました。

親寺である建仁寺(けんにんじ)は、京都の禅寺が誇る「京都五山(きょうとござん)」の第三位に位置する名刹です。

建仁寺には、その昔五十を超える塔頭寺院がありましたが、明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響により、現在は十四の塔頭が残っています。

この両足院も、そんな建仁寺の塔頭寺院の一つです。

初夏には、庭園の半夏生(はんげしょう)が白く色づくことから、半夏生の寺とも言われます。

また、中国から来た僧がこのお寺に饅頭(まんじゅう)を初めて伝えた、饅頭伝来の場としても知られています。

このお寺の見どころは「京都府の名勝庭園に指定されている、池泉回遊式庭園」

新緑の半夏生が初夏に白く色づく様は、人の心の移り変わりを観る禅の心を描写しているんだとか!

今回は、そんな両足院を訪れてみました。

*いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。


Contents:

  1. 両足院の歴史
  2. 参拝の注意点
  3. 両足院の見どころ
  4. 両足院の動画・写真
  5. 両足院の御朱印
  6. 両足院の行き方
  7. 両足院周辺のホテル検索・予約
  8. おすすめ観光スポットまとめ地図

1.両足院の歴史

では、まずはじめに両足院の歴史を一緒に見て行きましょう!(画像はパンフレットより。)
ryosokuin-35

両足院は、京都の禅寺が誇る「京都五山(きょうとござん)」の第三位に位置する建仁寺(けんにんじ)の塔頭寺院の一つです。

室町時代初期の1358年に、建仁寺の第三十五世・龍山徳見(りゅうざんとくけん)により創建されました。

龍山徳見さん、実はとてもすごい人。

彼は当時としては珍しく、その生涯の半分以上を中国(当時の元王朝)での修行(留学)に費やした人物です。

留学中には、禅の本場である中国で失われつつあった「臨済宗黄龍派(りんざいしゅうおうりゅうは)の再興」に多大な貢献をします。

その功績もあり、1349年に室町幕府に請われ帰国すると、建仁寺天龍寺南禅寺など名だたる日本の禅寺の住持として活躍!

この帰国時に、林浄因(りんじょういん)という中国の僧が一緒にやってきて、このお寺に饅頭(まんじゅう)を伝えたんだそうです!

当時の饅頭と言えば、お肉を入れたお惣菜のような食べ物だったので、肉食禁止のお坊さんは食べられなかったんですね。

そのため、林浄因さんがお肉の代わりに甘く煮た小豆を入れた饅頭を作ったところ喜ばれ、後世に伝わったんですねー。


創建当初は「知足院(ちそくいん)」という名前だったとのこと。

「吾唯知足(ワレ、タダ、タルヲシル)」

有名な中国の思想書・老子(ろうし)の一節に由来するこの言葉。

禅の世界では「自ずからをわきまえ、それ以上を求めるのは無意味である。」という思想なんだとか。

その後、室町時代の1536年に火事で建物が消失、元々あったお寺の別院「両足院」と併合され現在の名前になりました。

仏教においては、二つの足を持つ中で最も尊い存在である仏様を「両足尊(りょうそくそん)」と呼ぶことがあります。

それがこのお寺の名前、「両足院」の由来なんだとか。
ryosokuin-02


寺内には、京都の北方守護を司る鞍馬寺(くらまでら)の本尊から出たとされる、胎内仏の毘沙門天像が祀られています。

この毘沙門天に庇護されていたのが、戦国から江戸時代にかけて成功した氏族の一つ、黒田氏(くろだし)

黒田氏と言えば皆さんも良くご存知、戦国時代きっての知将・黒田官兵衛(くろだかんべえ)が有名ですね!

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という天下人の系譜の下で長く仕えることに成功した人物です。

そして官兵衛の長男である黒田長政(くろだながまさ)もまた、関が原の戦いで大功績をあげた人物。

その功績により、「黒田五十二万石」と称される筑前国福岡藩(現在の福岡県)の初代藩主になった人です。

その長政が、関が原の戦いの際「必勝」を念じて自身の兜に収めていたのがこのお寺の毘沙門天像!

まさに黒田氏の成功と繁栄を体現した像なんですね!(写真はパンフレットより。)
ryosokuin-30

その後、このお寺は臨済宗黄龍派の意思を受け継ぐ中心寺院として、現在まで庇護されてきたと言います。

おしまい。


2.参拝の注意点

両足院は、通常非公開です!

京都の各季節に開催される「特別拝観期間」にのみ、一般公開される場合があります。
ryosokuin-04-02

■京都の特別拝観情報

以下は「2019年冬の特別拝観」の情報です。

参拝時間:10:00~16:00
参拝料:大人600円、子供300円
住所:〒605-0811 京都府京都市東山区東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
連絡先:075-561-3216
創建:1358年
開基:龍山徳見(りゅうざんとくけん)
宗派:臨済宗(りんざいしゅう)
本尊:阿弥陀如来(あみだにょらい)

・特別拝観時以外にも、月に数回「座禅体験」が行われていますよ!(要予約)

・神社やお寺の正式な参拝方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

では次に、両足院の見どころを見て行きましょう!
ryosokuin-28-02


3.両足院の見どころ

*のついている見どころは有料エリアです。


・方丈*(Hojo Hall)*

入口を入ると見えてくる建物が、方丈(ほうじょう)です。

江戸時代の寛永年間(1624-1643)に再建されたと伝わります。(写真はパンフレットより。)
ryosokuin-36

内部には、ご本尊の木像阿弥陀如来立像が祀られています。
ryosokuin-17-2-02

方丈と庫裏の間には、閼伽井庭(あかいにわ)と呼ばれる坪庭があります。

「閼伽(あか)」とは仏様にお供えするお水のことで、そのお水を汲むための井戸が備えられています。

中央の苔地には、仏の世界観を現す三尊石。小さいながらも立派で奥深いお庭ですね。
ryosokuin-14-02

・方丈前庭*(Hojo Garden)*

方丈の前庭は、桃山時代の作庭と伝わります。

苔地に松や石組みを配した、とても趣きのある枯山水庭園ですね!
ryosokuin-16-02

ryosokuin-15-02

方丈の枯山水庭園は建物を取り囲むように作庭され、後述の書院庭園と回遊式に石畳でつながります。

全てあわせると、300坪を超える広さになるそうです!
ryosokuin-20-02

・大書院*(Dai-Shoin Hall)*

方丈の廊下を進むと見えてくるのが、大書院(だいしょいん)です。

こちらも方丈と同じく江戸時代、寛永年間(1624-1643)の再建と伝わります。
ryosokuin-21-02

・書院前庭*(Shoin Garden)*

書院の東側に広がるのが、京都府の名勝庭園にも指定されている書院前庭です。

茶道の薮内流五代・藪内竹心(やぶのうちちくしん)による作庭と伝わる、池泉回遊式の雄大な庭園です。
ryosokuin-23-02

ryosokuin-17-02

・水月亭/臨池亭*(Suigetsu-tei/Rinchi-tei)*

書院前庭の北側に佇む建物、向かって左手が茶室の水月亭(すいげつてい)、右手が臨池亭(りんちてい)です。

水月亭は、織田信長の弟の一人で茶人の織田有楽斎好みとされる国宝の茶室・如庵(じょあん)の写しとして、1910年に建てられたものです。

臨池亭は、水月亭の建設に深く関わりのあった大村家の別荘が、1926年に移築されたものです。

・毘沙門天堂(Bishamonten-do Hall)

境内の北側には、北方守護、鞍⾺寺毘沙⾨天の胎内仏を祀る毘沙門天堂があります。

「両足院の歴史」の欄に書いたとおり、黒田氏に代々伝わる毘沙門天像が祀られています。

前面にあるのは「狛犬」ならぬ「狛虎」。

毘沙門天のご利益の一つ「勝利の縁起」は、一説には「寅年、寅日、寅の刻」に授けられたと言います。

ので、古来より毘沙門天の遣いは「トラ」とされているんですね。
ryosokuin-07-02

ryosokuin-09-02

・境内*(Precincts of the temple)*

庫裏の入口に広がる白砂の枯山水庭園。
ryosokuin-12-02

書院前庭と方丈前庭を仕切る門と手水鉢。
ryosokuin-19-02

大書院の横から臨む庭園。
ryosokuin-25-02

大書院の内から臨む庭園。
ryosokuin-26-02

・文化財*(Cultural properties)*

画像は全てパンフレットより一部を拝借したものです。


4.両足院の動画・写真

■Youtube:両足院(京都市東山区):Ryosoku-in Temple (Higashiyama Ward, Kyoto, Japan)

■imgur:Ryosoku-in Temple (Higashiyama Ward, Kyoto):両足院(京都市東山区)

Ryosoku-in Temple (Higashiyama Ward, Kyoto):両足院(京都市東山区)


5.両足院の御朱印

両足院の御朱印は、お寺の旧名である「知足(ちそく)」の墨書きです。庫裏の売店で頂けます。(300円)
ryosokuin-movie-01


6.両足院の行き方

両足院は、建仁寺の境内にあります。

最寄り駅は、「京阪 祇園四条駅」または「阪急 河原町駅」です。
(JR京都駅からバスでも行けますが、電車をおススメします。)

  乗換え案内

■JR 大阪駅から京阪 祇園四条駅のルート例
higashi-otani-mantoue-22-jp

■大阪メトロ なんば駅から京阪 祇園四条駅のルート例
higashi-otani-mantoue-23-jp

■JR 京都駅から京阪 祇園四条駅のルート例
yasakajinja-48-jp


■「阪急 河原町駅」と「京阪 祇園四条駅」からの道順

徒歩約15分(800m)です。


■JR 京都駅からバスに乗車する場合

  バス乗換え案内

バス会社:京都市バス
行先・系統:206系統[祇園・北大路バスターミナル行き]
乗車バス停:京都駅前[D2]
降車バス停:東山安井
運賃:230円
所要時間:約20分

[時刻表]206系統


■タクシーで行く場合

京都駅から:約1,410円(約10分)

・タクシー運転手に行き先を告げたい場合
ryosokuin-htg-07

・タクシーを呼びたい場合
taxi-call

[タクシー配車連絡先: 京都駅周辺]


7.両足院周辺のホテル検索・予約


8.おすすめ観光スポットまとめ地図

いかがでしたか?

是非一度足を運んで見て下さい!!

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

<日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
<「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>

LINEで送る
Pocket