京都のお寺:芬陀院/雪舟寺(ふんだいん)の見どころと行き方

LINEで送る
Pocket

  • 日本語
  • English
  • 中文(繁體)

funda-in-01-txt

芬陀院(ふんだいん)は、京都市東山区にある臨済宗の寺院、東福寺の塔頭です。

「世界10大文化人」に日本人でただ一人選ばれている稀代の水墨画家である雪舟。

この芬陀院にある日本庭園は、雪舟が作庭したと言われています。また、京都でも最も歴史の古い蓬莱式の枯山水庭園でもあります。

お庭の離れにある図南亭の丸窓から見る庭園の景色は、日本庭園の原風景を思わせる美しさです。

また、このお寺は東福寺の塔頭寺院の一つで東福寺の近くにあります。
(塔頭寺院とは・・・大きなお寺に属する小さなお寺のこと。)

↓東福寺の訪問記事はこちら↓

今回はそんな芬陀院を訪れてみました。

*いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。

Contents:

  1. 芬陀院について
  2. 芬陀院の日本庭園
  3. 芬陀院の御朱印
  4. 芬陀院の行き方と周辺MAP

1.芬陀院について

芬陀院(ふんだいん)は、京都市東山区にある臨済宗の寺院。臨済宗東福寺派大本山・東福寺塔頭である。雪舟が作庭したという庭園があることから雪舟寺とも呼ばれる。
引用(citation):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%AC%E9%99%80%E9%99%A2

芬陀院は25ある東福寺の塔頭寺院のうちの一つです。

拝観時間:9:00~16:00
拝観料:300円(大人)、200円(子供)

日本庭園を雪舟が作庭したといわれているため、別名を「雪舟寺」とも言います。
funda-in-02

東福寺の塔頭寺院の一つです。
funda-in-03

庫裏(くり)。ここから中に入ります。
funda-in-04

2.芬陀院の日本庭園

芬陀院の日本庭園は「蓬莱式」と呼ばれる庭園で、京都で最も古い歴史を持ちます。

「蓬莱式の庭園」には、不老不死の仙人が住むとされる蓬莱山や、長寿の象徴である鶴や亀をデザインした島があるのが特徴です。
funda-in-05

「長寿」がキーワードですね!

茶室である図南亭。
funda-in-06

丸窓から眺める庭園風景はとても雅です。(○´艸`)
funda-in-07

3.芬陀院の御朱印

「一条桃華御殿」と「雪舟寺」の文字が描かれています。
funda-in-08

4.芬陀院の行き方と周辺MAP

芬陀院の最寄り駅は京阪/JR 東福寺駅です。

  乗換え案内

■大阪からのルート例
tofukuji-30-jp

■京都からのルート例
tofukuji-31-jp

いかがでしたか?

是非一度足を運んで見て下さい!!

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

<日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
<「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

*