平安郷(へいあんきょう)の見どころと行き方:京都の穴場へ行ってみた!

    Pocket

    • 日本語
    • English
    • 中文(繁體)

    heiankyo-txt-01

    せっかく観光シーズンに京都に来たのに・・・、

    「紅葉や桜の時期の京都は、だだっ混みで京都が嫌いになりそうだよ!」
    「紅葉や桜の写真を撮りたかったのに、人しか写らなかったよ!」

    そんな感想を抱いた人も多いのでは?
    近頃、京都の観光名所は本当に観光客でごったがえしてますからね・・・。

    てことで、「観光客が少ない穴場!」と噂のスポットに行ってみました!

    その名は、「平安郷(へいあんきょう)」。

    平安郷(へいあんきょう)は、京都市右京区にある、とある宗教団体の聖地です。

    この場所は、聖地と言うだけあって普段は一般には完全非公開!入れません。
    春と新緑、紅葉のシーズンのちょっとの期間だけしか一般公開されない穴場!なんですね。

    まぁ、でも実際に行ってみないことには紅葉の綺麗さも混み具合もわからない!
    ということで、実際行ってみました2018年秋の一般公開!

    「だだっ混みの京都がキライになりそうなら、平安郷へ!(ただし期間限定!)」

    今回はそんな平安郷を訪ねてみました。

    *いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。

    Contents:

    1. 平安郷訪問日記
    2. 平安郷の一般公開時期について
    3. 平安郷のみどころ
    4. 平安郷の動画・写真
    5. 平安郷の行き方・アクセス方法
    6. 平安郷周辺のホテル検索・予約

    1.平安郷訪問日記

    ・平安郷までの道のり

    今回私が訪問したのは、2018年秋の一般公開です。

    そもそもこの場所を知ったのは、以下ブログで京都の秘境!と紹介されていたからでした。

    それからずーっと行きたいなー!と思っていたのですが都合つかず・・・。
    ようやく今回、一般公開日に都合がついたので行って来ました!

    2018年の一般公開は11月23日(金)~25日(日)の3日間でした。
    訪問したのは公開の中日である「2018年11月24日(土)」。
    土曜日なので、少し混んでるかなー?と一抹の不安を抱きながらいそいそと準備します。

    10:00開門なので、ちょっと前の9:45分くらいに到着するように出発!
    今回は、嵐電の常盤駅から歩いて行ってみました。
    heiango-htg-01-1

    駅からは歩くこと約30分、1.8kmぐらいでした。
    最寄のバス停(京都市バス 山越中町)からは徒歩約10分、0.5kmほどです。
    heiango-htg-01-2

    9:40ごろに到着!ちなみに入場は無料!です。きゃっほい。(○´艸`)heiankyo-01

    すでに40人くらい並ばれていました!さすがに土曜日!
    でも皆さん個人の方ばかりで、京都の観光地にありがちな団体さんや外国人が皆無!10:00きっかりに開門されましたよ。

    入口で信者さんからパンフレット折鶴のストラップを頂きました!
    ストラップは信者さんの手作りとのこと。とても可愛らしいですね!
    heiankyo-06

    ・野点(お抹茶とお茶菓子)の無料ふるまい!

    苑内では、野点(のだて)という無料でお抹茶とお菓子を頂ける催しがあったので、まずはそこに行ってみました。
    heiankyo-03-1

    野点(のだて)の参加に必要なお抹茶整理券をGet!ちなみにこれも無料!です。太っ腹ですね。
    早い者勝ちだそうですが、かなりの量をご用意されているとのことで、午後になってもやってましたよ!
    heiankyo-07

    まずは、野点が催される上の茶屋でゆっくりまったりお茶を頂くことにしました。
    heiankyo-05

    淹れたてのお抹茶とお茶菓子(この日はサツマイモを蒸かしたお茶菓子でした。)を頂きます。あー、まったり。
    heiankyo-05-2

    ・・・っと、今回は紅葉を見に来たんだった!てことで、お抹茶を楽しんだ後、平安郷の紅葉を見に行きました!
    ちなみに、この平安郷はものすごく広い敷地なので、そこそこ観光客はいたのですが混雑とは皆無でゆっくり過ごせましたよ!
    heiankyo-14
    heiankyo-02-1

    ・平安郷の紅葉

    野点の催されている場所から、紅葉が沢山ある中庭の方面に向かいます!
    heiankyo-13

    どーん!どうですかこの紅葉。すっごい綺麗ですねー!
    heiankyo-15

    紅葉の場所には、苔のじゅうたんが敷き詰められているので、緑と赤、黄色のコントラストがとてもイイ!
    heiankyo-16

    そもそもだだっ広い場所で人が分散されているので、ゆっくりと極上の紅葉を楽しめました!
    heiankyo-23

    お次は露地の紅葉通り抜けに行ってみました!
    heiankyo-26

    おぉー、ここもタイミングが良かったのか独り占め!できました。(○´艸`)
    heiankyo-31

    本当に綺麗な紅葉をゆっくり楽しむことが出来ました。d(*゚ー゚*)
    京都の穴場!という触れ込みは伊達じゃぁないですね!
    heiankyo-30

    ・ちょっとしたハイキング、東山展望台!

    パンフレットに東山展望台がある!と書いてあったのでそちらにも行ってみました。
    heiankyo-13

    展望台の入口に到着!
    受付の方に聞いたところ、この山は「東山」という山で、120mぐらいの高さがあるとのこと。
    ここから約15分ぐらい山道を散策するそうです。
    heiankyo-33

    てくてく山道を歩いて登ります。
    道中にも信者さんスタッフの方が立たれて、笑顔で道案内をされていました。無料なのにこのホスピタリティはすごい・・・!
    heiankyo-34

    途中には「山越古墳群」という古墳もありました!写真の3つこんもりしている部分がそれぞれ古墳です。
    6世紀~7世紀前半、古墳時代にかけての遺構だそうです。
    heiankyo-35

    歩くこと約15分、頂上の展望台に着きました!んー、気持ちいい。
    西側は嵐山の町並み、東側は京都市内を一望できます!天気がよければ京都タワーも見れるんですって。写真は西側、嵐山方面です。
    heiankyo-36

    ・苑内の売店施設

    山道を歩いた後はお腹が空いた!ということで、「楠風荘」という苑内の売店施設を見て回りました。
    heiankyo-08

    お弁当やパン、お土産など一通り揃っていましたよ。
    スタッフさんにおススメを聞いたところ「自然食 和食弁当(1,000円)」がおススメ!とのことだったので買ってみました。
    heiankyo-11

    じゃーん。自然食、というだけあって薄味の上品な味付けのお弁当で、とっても美味しかったです。
    お弁当は個数限定で、だいたい昼過ぎには無くなっちゃうとのことでした。
    heiankyo-12-2

    売店の中に休憩スペースがあり、買った弁当などはこちらで食べることも出来ます。
    また、苑内には沢山の座る場所が用意されていたので、天気の良い日なら外で食べるのも良いですね!heiankyo-12

    いやー、京都の秘境という話は伊達ではありませんでした。大満足!
    正直なところ、宗教団体の施設ということで行く前は勧誘とかされるんじゃないだろか?なんて邪なことを思ったりもしたのですが、そんな心配は杞憂でした。
    スタッフの皆さん宗教に関する事は一切触れずに、ほんとに笑顔でおもてなしをして頂きました。スバラシイ。しかも無料だし。
    帰るときに近くの「岡田茂吉記念館」も紅葉が綺麗でゆっくり過ごせますよ!と教えてもらったので、せっかくなので行ってきました!
    heiankyo-25

    ・岡田茂吉記念館へ!

    岡田茂吉記念館は、平安郷の入口から道路をはさんですぐ!の場所にありました。
    平安郷と同様、こちらも無料!で入ることが出来ます。(○´艸`)
    okadamokichikinenkan-01

    岡田茂吉さんとは、宗教法人の教祖さんなんですね。
    かの有名な箱根美術館、MOA美術館も、実はこの宗教法人の運営だったとは!これは初耳でした。
    「美による救い」を説かれているんですね。
    美術の才能が無い私にとってはその理念は崇高すぎますが、無料で楽しめるものは何でも楽しませていただきますよ!d(*゚ー゚*)
    okadamokichikinenkan-03

    館内は、平安郷の特別公開期間に合わせて夜間のライトアップをされているそうです!(時間の都合上見れませんでしたが・・・。)
    okadamokichikinenkan-04

    「中庭の紅葉が見ごろですよー。」と聞いていたので早速見に行くと・・・、
    おぉーっ、めっちゃ綺麗!です。d(*゚ー゚*)
    okadamokichikinenkan-06

    記念館のモダンな建物と、紅葉のコントラストが見事ですねー!
    okadamokichikinenkan-07

    紅葉の見ごろ、土曜日の昼下がりにも関わらず、平安郷よりも空いていました。
    皆さん、平安郷の紅葉で満足して帰られるようですが、時間があればちょーおススメですよ、ここ。
    okadamokichikinenkan-09

    ということで、平安郷と岡田茂吉記念館の訪問日記でした!

    いやはや、京都の秘境に恥じない人の少なさで、本当に楽しめました。d(*゚ー゚*)
    ちなみに、嵐山からも頑張れば歩ける距離なので、嵐山観光とセットで旅程を組むと良いかもしれませんね!

    2.平安郷の一般公開時期について

    平安郷は期間限定公開のため、普段行っても入れません!のでご注意ください。

    毎年、桜(4月ごろ)、新緑(5月ごろ)、紅葉(11月ごろ)の時期に期間限定で一般に公開されます。

    詳しい公開日は、毎年ホームページで事前に告知されるので確認して見て下さい。d(*゚ー゚*)

    3.平安郷のみどころ

    ・紅葉通り抜け(Corridor of autumn leaves)

    秋の一般公開の目玉は何と言ってもこの「紅葉通り抜け」
    本当に綺麗に整備された紅葉のトンネルをくぐりぬけるのは、圧巻ですよ!
    heiankyo-31

    ・上の茶屋(Tea house)

    この上の茶屋で、野点(のだて)が無料で催され、お抹茶とお茶菓子の接待を頂けます!
    heiankyo-04-2

    ・東山展望台(Higashiyama Observatory)

    東山の頂上にある展望台からは、東に京都市内、西に嵐山を一望する事が出来ます。
    heiankyo-36

    ・岡田茂吉記念館(Mokichi Okada Memorial Museum)

    平安郷の至近にある岡田茂吉記念館も、ゆっくりと紅葉を楽しめるスポットです!okadamokichikinenkan-07

    4.平安郷の動画・写真

    ■Flickr:平安郷:Heiankyo(20181124)
    平安郷:Heiankyo(20181124)

    ■Youtube:平安郷 秋の一般公開2018(Heiankyo – special openings at autumn 2018)

    5.平安郷の行き方・アクセス方法

    平安郷へ歩いて行く場合のおススメの駅は「嵐電北野線 常盤(ときわ)駅」です。
    また、「京都駅」からバスで行くことも出来ます。

      乗換え案内

    ■阪急梅田駅(大阪)→嵐電北野線 常盤駅のルート例
    heiango-htg-11-jp

    ■大阪メトロ なんば駅→嵐電北野線 常盤駅のルート例
    heiango-htg-12-jp

    ■京都駅→嵐電北野線 常盤駅のルート例
    heiango-htg-13-jp

    ■嵐電北野線 常盤駅から歩く場合(約1.8km 30分)

    ■京都駅からバスで行く場合

      バス乗換え案内


    バス会社:京都市バス
    行先・系統:26系統[御室仁和寺・山越行き]
    乗車バス停:京都駅前[乗り場D3]
    降車バス停:山越中町
    運賃:230円
    所要時間:約54分


    バス会社:京都市バス
    行先・系統:75系統[映画村・山越行き]
    乗車バス停:京都駅前[乗り場C5]
    降車バス停:山越中町
    運賃:230円
    所要時間:約47分

    ■タクシーで行く場合

    京都駅から:約3,490 (約20)
    嵐山駅から:約1,120円(約10分)

    ・タクシー運転手に行き先を告げたい場合
    heiango-htg-14

    ・タクシーを呼びたい場合
    taxi-call

    [タクシー配車連絡先: 京都駅周辺]

    6.平安郷周辺のホテル検索・予約

    いかがでしたか?

    是非一度足を運んで見て下さい!!

    それでは楽しい旅を!( *´艸`)

    <日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
    <「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>

    Pocket