京都のお寺:「桂春院 (妙心寺塔頭)」の見どころと行き方

Pocket

  • English
  • 日本語
  • 中文(繁體)

keishunin-01-txt

桂春院(けいしゅんいん)は、京都市右京区花園にある、妙心寺(みょうしんじ)塔頭(たっちゅう)です。

日本最大の禅寺である妙心寺。

その妙心寺の塔頭は、全部で48箇所もあるんです!!
そして、この桂春院もそのうちの一つなんですよ。

これらの塔頭のうち、退蔵院、桂春院、大心院の3つの寺院が常時一般に公開されています。
ので、妙心寺に観光に行く際は、これらの塔頭も一緒に巡ることをおススメします。

この小さなお寺の見どころは、何と言っても「4つの異なる日本庭園」。

はい、このお寺には、小さいながらも趣が異なる4つの素敵な日本庭園があるんです。
これらの庭園は江戸時代の作庭で、国の史跡名勝に指定されているんですよ!!

「趣きの異なる日本庭園を沢山見たければ桂春院へ!!」

今回は、そんな桂春院を訪れてみました。

Contents:

  1. 桂春院の歴史を知ろう!!
  2. 親寺である「妙心寺」の歴史も知っとこう!!
  3. 桂春院について
  4. 参拝の注意点
  5. 桂春院の見どころ
  6. 桂春院の写真一覧
  7. 桂春院の御朱印
  8. 桂春院の行き方・アクセス方法
  9. 桂春院周辺のホテル検索・予約

1.桂春院の歴史を知ろう!!

桂春院の紹介をする前に、ちょっとこのお寺についての歴史を勉強をしてみましょう。
そうすることで、より一層楽しめると思います。(○´艸`)

桂春院は安土桃山時代1598年に、織田秀則(おだひでのり)という武将が、妙心寺の住職であった水庵宗掬(すいあんそうきく)を招き創建されました。
創建時、このお寺は「見性院(けんしょういん)」って呼ばれていました。

織田秀則・・・!?

あまり聞きなれない名前ですが、どんな武将だったんでしょうか??

「織田」と言えば、言わずと知れた「織田信長(おだのぶなが)」で有名な名前ですよね!!

はい、彼はその織田信長の孫にあたる人物なんですねー。
(彼のお兄さんは織田秀信(おだひでのぶ)。あの有名な清洲会議(きよすかいぎ)で信長の正当な後継者として認められた人物です。)

そんな織田秀則さんは、とても聡明で熱心な宗教家だったと言われています。

彼は仏教を信ずる傍らで、キリスト教の洗礼も受けていました。
キリスト教の彼の名前は「パウロ」。ハイブリッドな宗教家だったんですね!!

かの有名なキリスト教の宣教師ルイス・フロイスは、彼をこんな風に評価していたらしいです。

「素性を知らずに彼と少し話した場合、その品格によりドイツの貴族と判断してしまう。」

おぉ、めっちゃ評価高いですね!!
まぁ、当時のドイツの貴族って実際どんな品格してたかなんて分かりませんけどね・・・。

しかし、織田秀則さんによって創建されたこのお寺は、彼の死後荒廃します。

その後、江戸時代1632年になり、石川貞政(いしかわさだまさ)という武将がこのお寺を再整備しました。
(現在あるこのお寺の建物や庭園はこの江戸時代に再整備されたものなんですね。)

んでもって、彼の戒名が「桂春院」だったため、このお寺の名前は「見性院」→「桂春院」に改められましたとさ。

おしまい。

2.親寺である「妙心寺」の歴史も知っとこう!!

桂春院の歴史だけではなく、親寺である「妙心寺」の歴史にも興味がある人は以下の記事を見てくださいね!!

3.桂春院について

桂春院(けいしゅんいん)は、京都市右京区花園にある臨済宗の寺院。臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の塔頭である。退蔵院・大心院とともに通年公開されている妙心寺塔頭の1つである。
引用(citation):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%98%A5%E9%99%A2

開門時間:9:00 ~ 17:00
参拝料:500円
住所:〒616-8036 京都府京都市右京区花園寺ノ中町11
連絡先:075-463-6578
創建:1598年
開基:織田秀則(おだ ひでのり)
宗派:臨済宗妙心寺派
ご本尊:薬師如来(やくしにょらい)

桂春院(けいしゅんいん)は、京都市右京区花園にある、妙心寺(みょうしんじ)塔頭(たっちゅう)です。
keishunin-03

このお寺には、小さいながらも趣が異なる4つの素敵な日本庭園があります。
keishunin-02

庭園は国の史跡名勝に指定されていますよ!!
keishunin-02-6

境内は苔に覆われていて、とても落ち着いた雰囲気ですね!!
keishunin-02-7

拝観料は500円です。
keishunin-02-4

それでは、桂春院の見どころを見ていきましょう!!
keishunin-02-5

4.参拝の注意点

・建物の内部の写真撮影は禁止です。

・一脚や三脚などの利用は禁止です。

・神社やお寺の正式な参拝方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

5.桂春院の見どころ

*のついている見どころは有料エリアです。

表門:Omote-mon (gate)

こちらがお寺の入口にあたる、表門(おもてもん)です。
keishunin-03

庫裏:Kuri

こちらが京都府指定有形文化財に指定されている、庫裏(くり)です。
庫裏は、住職の住居や台所の役割を持っています。
keishunin-04

既白庵*:Kihaku-an (Tea house)*

こちらが、江戸時代1631年長浜城から移築された、茶室の既白庵(きはくあん)です。
庸軒流茶道の開祖である、藤村庸軒(ふじむら ようけん)好みの茶室とされています。
keishunin-05

実は、妙心寺は厳しい修行と戒律のお寺として知られており、昔から茶道詩歌などは修行の邪魔だ!!として禁じられてきました。
けどやっぱりお茶を楽しみたい!!ということで、こっそり目立たない建物の裏手にこの茶室を建ててお茶を楽しんだそうです・・・。
keishunin-02-2

方丈*:Hojo*

こちらが、江戸時代1631年に建てられた方丈(ほうじょう)です。
keishunin-06-4

この建物は、京都府指定有形文化財に指定されています。
keishunin-06-3

建物の内部には、狩野山楽(かのうさんらく)の弟子に当たる、狩野山雪(かのうさんせつ)によって描かれた襖絵が飾られています。
(写真はパンフレットより抜粋。)
keishunin-06-2

清浄の庭 (史跡・名勝)*:Shojo-no-niwa (garden) (Historic Sites・Special Places of Scenic Beauty)*

こちらが、史跡名勝に指定されている清浄の庭(しょうじょうのにわ)です。
「清浄(しょうじょう)」という言葉には、「少しもけがれがなく清らかなこと」という意味があります。
keishunin-07

書院、方丈に囲まれた壺庭(中庭)としての位置づけですね。
keishunin-07-2

侘の庭 (史跡・名勝)*:Wabi-no-niwa (garden) (Historic Sites・Special Places of Scenic Beauty)*

こちらが、史跡名勝に指定されている侘の庭(わびのにわ)です。
keishunin-08

この庭園は、茶室 既白庵に通じる路地庭としての位置づけですね。
keishunin-08-2

思惟の庭 (史跡・名勝)*:Shii-no-niwa (garden) (Historic Sites・Special Places of Scenic Beauty)*

こちらが、史跡名勝に指定されている思惟の庭(しいのにわ)です。
奥の築山にある石を、十六羅漢に見立てています。
keishunin-09

思惟(しい)」という言葉には、「物事の本質を深く考えること」という意味があります。
この庭は、方丈の東側に位置しています。
keishunin-09-2

真如の庭 (史跡・名勝)*:Shinnyo-no-niwa (garden) (Historic Sites・Special Places of Scenic Beauty)*

こちらが、史跡名勝に指定されている真如の庭(しんにょのにわ)です。
この庭は、方丈の東側に位置しています。
keishunin-10

庭園には手前から小石が7,5,3の数で配置されており、合わせることで十五夜の満月を表現していると言われています。
真如(しんにょ)」という言葉には、「あるがままであること」という意味があります。
keishunin-10-2

6.桂春院の写真一覧

■Flickr:桂春院:Keishun-in(20170220)

桂春院:Keishun-in(20170220)

7.桂春院の御朱印

桂春院の御朱印の墨書きは、ご本尊の「薬師如来(やくしにょらい)」です。
御朱印は入口の受付で頂く事が出来ます。(300円)
keishunin-02-3

8.桂春院の行き方・アクセス方法

桂春院への行き方・アクセス方法は以下の通りです。
(桂春院は、妙心寺の境内にあります。)

桂春院の最寄り駅は「JR 花園駅」若しくは「嵐電 北野線 妙心寺駅」です。
(「京都駅」、「阪急 河原町駅」、「京阪 祇園四条駅」からバスで行くことも出来ます。)

  乗換え案内

■ルート例(大阪駅→JR 花園駅)
myoshinji-01-jp

■ルート例(なんば駅→JR 花園駅)
myoshinji-02-jp

■ルート例(京都駅→JR 花園駅)
myoshinji-03-jp

■JR 花園駅から徒歩で行く場合

徒歩約6分(400 m)です。

■嵐電 北野線 妙心寺駅から徒歩で行く場合

徒歩約5分(300 m)です。

■京都駅からバスに乗車する場合

  バス乗換え案内

・京都駅前[乗り場D3]

26系統[北野白梅町 御室仁和寺・山越行き]


バス会社:京都市バス
行先・系統:26系統[北野白梅町 御室仁和寺・山越行き]
乗車バス停:京都駅前[乗り場D3]
降車バス停:妙心寺北門前
運賃:230円
所要時間:約42分

■阪急 河原町駅からバスに乗車する場合

  バス乗換え案内

・四条河原町[乗り場A 南行き]

10系統[北野天満宮 御室仁和寺・山越行き]


バス会社:京都市バス
行先・系統:10系統[北野天満宮 御室仁和寺・山越行き]
乗車バス停:四条河原町[乗り場A 南行き]
降車バス停:妙心寺北門前
運賃:230円
所要時間:約43分

・四条河原町[京都バス乗り場]

63系統[嵐山・苔寺 すず虫寺行き]


バス会社:京都バス
行先・系統:63系統[嵐山・苔寺 すず虫寺行き]
乗車バス停:四条河原町[京都バス乗り場]
降車バス停:妙心寺前
運賃:230円
所要時間:約34分

65系統[有栖川行き]


バス会社:京都バス
行先・系統:65系統[有栖川行き]
乗車バス停:四条河原町[京都バス乗り場]
降車バス停:妙心寺前
運賃:230円
所要時間:約34分

■京阪 祇園四条駅からバスに乗車する場合

  バス乗換え案内

・四条京阪前[乗り場C]

10系統[北野天満宮 御室仁和寺・山越行き]


バス会社:京都市バス
行先・系統:10系統[北野天満宮 御室仁和寺・山越行き]
乗車バス停:四条京阪前[乗り場C]
降車バス停:妙心寺北門前
運賃:230円
所要時間:約40分

■タクシーで行く場合

京都駅から:2,610円 ~ 3,210円(約20分)
京阪 祇園四条駅から:2,450円 ~ 2,910円(約15分)

・タクシー運転手に行き先を告げたい場合
myoshinji-35

・タクシーを呼びたい場合
taxi-call

[タクシー配車連絡先: 京都駅周辺]

9.桂春院周辺のホテル検索・予約

いかがでしたか?

是非一度足を運んで見て下さい!!

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

<日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
<「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>

Pocket

Follow on SNS

コメント

Leave a Reply

*