京都のお寺:広隆寺(こうりゅうじ)の見どころと行き方

  • 日本語
  • English
  • 中文(繁體)

koryuji-movie-01

広隆寺(こうりゅうじ)は、京都市右京区にある真言宗の寺院です。

秦の始皇帝の末裔とされている氏族、秦(はた)氏の氏寺であるこのお寺の創建は603年。
日本で初めての女帝として有名な、推古天皇(すいこてんのう)の時代!

京都の都、平安京(へいあんきょう)が出来るのが794年なので、その200年近くも前からこの京都の地に根付いていたんですね。

てことでこのお寺は、「京都最古の歴史を持つお寺」として有名です。
また、かの有名な聖徳太子が建立に関わったとされているため、聖徳太子建立七大寺の一つにも数えられています。

このお寺の見どころは、何と言っても日本の国宝第一号である「弥勒菩薩半跏思惟像」!
この像の持つ優しい微笑みは、東洋のモナリザとも称されるほどなんですよ。

「全ての悩み、苦しみを救ってくださる弥勒菩薩のご尊顔を拝したければ広隆寺へ!」

今回は、そんな広隆寺を訪れてみました。

*いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。

Contents:

  1. 広隆寺の歴史
  2. 聖徳太子建立七大寺
  3. 参拝の注意点
  4. 広隆寺の見どころ
  5. 広隆寺の動画・写真
  6. 広隆寺の御朱印
  7. 広隆寺の行き方
  8. 広隆寺周辺のホテル検索・予約
  9. おすすめ観光スポットまとめ地図

1.広隆寺の歴史

では、広隆寺のお寺の歴史を一緒に見て行きましょう!(○´艸`)

広隆寺の起こりは603年(推古天皇十一年)、遡ること1400年以上の歴史を持つ京都最古の寺院です。

氏族であった秦氏(はたうじ)が、聖徳太子から下賜された仏像を祀るために建立されました。
この仏像というのが、国宝第一号に指定されたあの弥勒菩薩像!と言われているんですね。(諸説あり。)
koryuji-03_result

創建当初は今の場所より北東、現在の北野天満宮がある場所に建てられていたそうです。

その後、平安京(へいあんきょう)に都が遷都されたタイミングでこの太秦の地に移転されたとか。

また、818年と1150年の2度にわたり大火に見舞われ、創建当時の建物は現存していません。
が、現存している講堂の建物は1165年に再建された当時の遺構を残す、現存する京都最古の建物の一つと言われています。
koryuji-08

ちなみに、広隆寺は「太秦(うずまさ)」という地区にあります。
この地名は、秦氏(はたうじ)がこの地の名産品であった絹糸を「うず高く積んだ地」であったことに由来してるんだとか。
koryuji-02_result

この秦氏、京都の礎となった数々の寺社仏閣を作ったことでも有名です。

有名どころでは、伏見稲荷大社梅宮大社、松尾大社なども秦氏によって創建されたと言われているんですよ!

「秦氏」・・・、あまり耳慣れない言葉ですが、すごい家柄だったんですね!

2.聖徳太子建立七大寺

聖徳太子が、建立に深く関わったとされるお寺が日本には七つあります。
これらを「聖徳太子建立七大寺」と言い、この広隆寺もそのうちの一つなんです。
koryuji-02-2_result

ちなみに、七大寺の内訳は以下の通りです。

聖徳太子の時代、日本の中心は「奈良」だったので見事に奈良のお寺ばっかりですねー。

京都では、この広隆寺のみが選ばれているという事実だけでも、広隆寺が京都で最古の歴史を持つ寺院と言えますよね。

3.参拝の注意点

新霊宝殿の開館時間:9:00~17:00(季節により変動あり)
参拝料:大人800円、高校生500円、中学生以下400円
住所:〒616-8162 京都市右京区太秦蜂岡町32
連絡先:075-861-1461
創建:603年(諸説あり)
開基:秦 河勝(はたのかわかつ)
宗派:真言宗(しんごんしゅう)
ご本尊:聖徳太子(しょうとくたいし)

・堂内や霊宝殿内部の写真撮影は禁止です。
・神社やお寺の正式な参拝方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

では、広隆寺の見どころを見て行きましょう!
koryuji-04-2_result

4.広隆寺の見どころ

*のついている見どころは有料エリアです。

・楼門(Ro-mon Gate)

1702年に建立された楼門です。
koryuji-05_result

楼門は阿吽の仁王像に守られています。
koryuji-05-3_result

・上宮王院太子殿(Joguo-in Taishi-den Hall)

上宮王院太子殿(じょうぐうおういん たいしでん)は、1730年に再建された広隆寺の本堂に相当する建物です。
koryuji-11_result

入母屋造り(いりおもやづくり)の重厚な建物で、内部にはご本尊の聖徳太子が祀られています。
koryuji-12_result

・講堂:重要文化財(Ko-do Hall:Important Cultural Property)

1165年に再建された講堂は、平安時代の遺構を残す京都最古の建造物と言われ重要文化財に指定されています。
創建当時は朱に塗られていた為、「赤堂」とも呼ばれていたんだとか。
koryuji-07_result

阿弥陀如来坐像(国宝)、地蔵菩薩坐像(重要文化財)、虚空蔵菩薩坐像(重要文化財)が祀られています。
但し内部に入ることは出来ません。
koryuji-08_result

・新霊宝殿*(Shin Reiho-den Hall)*

境内の北方にある新霊宝殿には、広隆寺が誇る多数の国宝・重要文化財が納められています。(内部の写真撮影は禁止です。)
koryuji-16_result

国宝第一号に指定された弥勒菩薩半跏思惟像をはじめ、数多くの貴重な仏像を間近で見ることが出来ましたよ!
ここの凄いところは、展示されている国宝を含めた全ての仏像がガラスなどで区切られておらず、生のまま拝めるんです。
入場料は少々お高めですが、見て損は無いので是非実際に行ってみて下さい。
koryuji-03_result

新霊宝殿の前庭は苔が敷き詰められているので、梅雨や初夏の時期はとっても綺麗なんだと思います。
koryuji-16-2_result

・旧霊宝殿*(Kyu Reiho-den Hall)*

1982年に新霊宝殿が出来る前は、この旧霊宝殿に寺宝が納められていました。
現在は内部に入ることは出来ません。
koryuji-17_result

・薬師堂(Yakushi-do Hall)

お寺に入ってすぐ左側にある薬師堂には、薬師如来立像(重要文化財)が祀られています。
こちらの薬師如来は、吉祥天の面影を持つ「吉祥薬師」という珍しい位置づけの像です。
koryuji-06_result

・能楽堂(Nohgaku-do Hall)

こちらが能楽堂です。
四方に板張りがされているため、舞台を伺い知ることは出来ませんでした。
koryuji-09_result

・地蔵堂(Jizo-do Hall)

地蔵堂には、弘法大師・空海が作ったとされる腹帯地蔵尊が祀られています。
腹帯地蔵とは、現世の私達の数々の危機を救ってくれる、いわゆる「身代わり地蔵」の一尊です。
koryuji-10_result

・太秦殿(Uzumasa-den Hall)

本堂である上宮王院太子殿の右脇にある太秦殿には、このお寺の開基である秦河勝(はたのかわかつ)が祀られています。
koryuji-13_result

・書院(Shoin Hall)

お寺の境内西側には書院があります。
内部には持仏堂、書院奥には聖徳太子を祀る八角円堂の形をした桂宮院本堂があります。
但し建物は残念ながら、現在原則として非公開になっています。
koryuji-15_result

・弁天社(Benten-sha Shrine)

この地にはかつて「弁天池」と呼ばれる大きな池があったんだとか。
その名残の小さな池に、弁天様を祀る弁天社が備えられています。
koryuji-18_result

・大酒神社(Osake-jinja Shrine)

大酒神社は広隆寺境内の東側、歩いて3分ほどの場所に位置する神社です。
元々、広隆寺を守護する護伽藍神(ごがらんじん)として境内にありましたが、明治維新後の神仏分離(しんぶつぶんり)により切り離されて現在の形になったんだとか。
koryuji-19_result

秦氏の始祖とされている、秦の始皇帝を祖神としています。
koryuji-22_result

5.広隆寺の動画・写真

Koryu-ji Temple [Ukyo Ward, Kyoto City] (広隆寺[京都市右京区])

6.広隆寺の御朱印

御朱印の墨書きは、国宝である「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」。
受付で頂くことができます。
koryuji-23_result

7.広隆寺の行き方

広隆寺の最寄り駅は、「嵐電 太秦広隆寺駅」です。

四条河原町、四条京阪からバスで行くことも出来ますが、電車をおススメします。

  乗換え案内

■阪急梅田駅(大阪駅)→嵐電 太秦広隆寺駅のルート例
koryuji-htg-03-2-jp

■大阪メトロなんば駅→嵐電 太秦広隆寺駅のルート例
koryuji-htg-04-jp

■京都駅→嵐電 太秦広隆寺駅のルート例
koryuji-htg-05-jp

■嵐電 太秦広隆寺駅から歩く場合(徒歩1分)

■四条河原町からバスで行く場合

  バス乗換え案内


バス会社:京都市バス
行先・系統:11号系統 [嵐山・嵯峨・山越行き]
乗車バス停:四条河原町[乗り場D]
降車バス停:太秦広隆寺前
運賃:230円
所要時間:約33分

■四条京阪からバスで行く場合

  バス乗換え案内


バス会社:京都市バス
行先・系統:11号系統 [嵐山・嵯峨・山越行き]
乗車バス停:四条京阪前[乗り場C]
降車バス停:太秦広隆寺前
運賃:230円
所要時間:約48分

■タクシーで行く場合

京都駅から:約2,930 (約15)
嵐山駅から:約1,200円(約10分)

・タクシー運転手に行き先を告げたい場合
koryuji-htg-06

・タクシーを呼びたい場合
taxi-call

[タクシー配車連絡先: 京都駅周辺]

8.広隆寺周辺のホテル検索・予約

9.おすすめ観光スポットまとめ地図

いかがでしたか?

是非一度足を運んで見て下さい!!

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

<日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
<「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>