京都の新しい絶景スポット「将軍塚青龍殿 (青蓮院飛地境内)」に歩いて行ってみる。

    • 日本語
    • English
    • 中文(繁體)

    seiryuden-01-txt

    将軍塚青龍殿(しょうぐんづかせいりゅうでん)は、京都府京都市山科区厨子奥花鳥町にある、天台宗青蓮院の飛地境内です。

    京都市内を一望できるこの東山の山頂には、その昔、京都を鎮護するために将軍像が置かれており、「将軍塚」と呼ばれていました。

    そして、2014年にこの場所に新しく「青龍殿」と「大舞台」が建立され、現在の形になりました。

    圧倒されるのはそのスケール。

    大舞台の大きさは、なんと清水寺の舞台の約4.6倍!!

    舞台から見下ろす絶景は何とも綺麗です!!

    この将軍塚青龍殿は東山の山頂にあるので、基本的にはバスかタクシーで行くことになります。

    しかし、ここにはもう一つ徒歩で行く「東山トレイルルート」という登山道があるのをご存知ですか?

    今回は折角なのでこの「東山トレイルルート」を使って、歩いて行ってみました!!

    *いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。

    Contents:

    1. 将軍塚青龍殿について
    2. 拝観に関する注意点
    3. 将軍塚青龍殿に歩いて行ってみよう!!
    4. 将軍塚青龍殿の見どころ
    5. 将軍塚青龍殿の写真一覧
    6. 将軍塚青龍殿の御朱印
    7. 将軍塚青龍殿の行き方・アクセス方法

    1.将軍塚青龍殿について

    開門時間:9:00-17:00
    参拝料:500円(大人),400円(中高生),200円(小学生)
    住所:〒607-8456 京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
    連絡先:075-771-0390
    創建:2014年

    宗派:天台宗
    ご本尊:不動明王ニ童子像(青不動)

    将軍塚青龍殿(しょうぐんづかせいりゅうでん)は、京都府京都市山科区厨子奥花鳥町にある、天台宗青蓮院の飛び地境内です。
    seiryuden-07

    平安時代桓武天皇(かんむてんのう)が、京都の都を鎮護するために、将軍の像を土で作らせ、塚に埋めるよう命じました。
    これが、この地を「将軍塚(しょうぐんづか)」と呼ぶ由来です。
    seiryuden-25

    この地は、南北朝時代、南朝方の新田義貞(にったよしさだ)と北朝方の足利尊氏(あしかがたかうじ)が激戦を繰り広げた地でもあります。
    seiryuden-10

    境内には220本のカエデ、200本の桜が植えられており、京都の新しい桜と紅葉の名所としても根付きつつあります。
    seiryuden-09

    拝観料は500円(大人)です。
    seiryuden-11-2

    2.拝観に関する注意点

    ・青龍殿行きのバス(京阪バス)は土・日・祝日及び11月の全日のみ運行しています。

    平日に行く場合は徒歩で行くか、タクシーを使いましょう。

    ・青龍殿の内部正面は写真撮影禁止です。

    ルールを守って参拝しましょう。

    3.将軍塚青龍殿に歩いて行ってみよう!!

    今回私は最寄り駅の「京阪祇園四条駅」から歩いて行ってみました。

    全行程は約2.5km。徒歩で約40分ほどです。

    途中1kmほど山道を歩きますので、歩きやすい服装と靴で行きましょうね!!

    まずは、祇園四条駅から東山トレイルの出発点である長楽寺(ちょうらくじ)を目指します。
    seiryuden-02-txt

    長楽寺の手前を左折して奥に進むと、東山トレイルの出発点である「将軍塚」の石碑があります。
    ここから山道を歩きます!!
    seiryuden-03-txt

    約1kmほど山道を登ります。
    それ程険しい道ではありませんので、気軽にハイキングするにはもってこいだと思いますよ。
    seiryuden-04-txt

    山道の途中には倒木があるのでご注意をば・・・。(2016年11月時点。)
    seiryuden-05-txt

    道の途中には看板が設置してありますので迷うことは無いと思います。
    必ず「東山山頂公園」の方向に進んでください。
    seiryuden-06-txt

    20分ほど山道を登るとゴールが見えてきます。お疲れ様でした!!
    seiryuden-43

    4.将軍塚青龍殿の見どころ

    「*印」のついている見どころは有料エリアです。(This seal (*) is a pay area.)

    福徳門:Fukutoku-mon gate

    こちらが青龍殿の入口にあたる福徳門(ふくとくもん)です。
    seiryuden-12

    将軍塚大日堂:Shogunzuka Dainichi-do Hall

    こちらが大日堂(だいにちどう)です。有料エリアの受付窓口があります。
    seiryuden-14

    この建物には大日如来像(だいにちにょらいぞう)が祀られています。
    seiryuden-16

    将軍塚青龍殿*:Shogunzuka Seiryu-den*

    こちらが2014年に新しく建てられた青龍殿(せいりゅうでん)です。
    seiryuden-17

    この建物には、青蓮院が誇る国宝の青不動(あおふどう)が祀られています。
    この「青不動」の不動画は、高野山明王院の「赤不動」、三井寺の「黄不動」とともに日本三不動の一つに数えられている貴重な不動画です。 
    seiryuden-18

    青不動-京都・青蓮院蔵 絹本着色不動明王二童子像(国宝)
    800px-blue_fudo
    引用(citation):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E6%98%8E%E7%8E%8B

    大舞台*:O-Butai(The big stag)*

    ■Youtube:青龍殿落慶

    青龍殿の裏側には、大舞台が広がっています。
    その大きさ、なんと清水の舞台の4.6倍!!
    seiryuden-19

    「絶景かな!!」
    大舞台からは京都の市内が一望できます。
    桓武天皇(かんむてんのう)が、この地を京都の鎮護の地としたのも頷けます。
    seiryuden-20

    大舞台から望む青龍殿。
    seiryuden-21

    ガラスの茶室 – 光庵*:Kou-an glass Teahouse*

    大舞台には日本のデザイナーである吉岡徳仁(よしおかとくじん)によって作られた、ガラスの茶室が置かれています。
    期間限定の公開ですが、好評とのことで、2016年11月現在では終了日は未定だそうです。
    seiryuden-22

    オープニング期間には、実際にこの茶室でお茶をたてて振舞われたそうです。
    seiryuden-23

    将軍塚*:Shogunzuka(Shogun Mound)*

    こちらのこんもりとした古墳のような丘が、将軍塚(しょうぐんづか)です。
    seiryuden-24

    平安時代桓武天皇(かんむてんのう)が、京都の都を鎮護するために、将軍の像を土で作らせ、この塚に埋めるよう命じました。
    今もなお、この将軍塚は京都の地を鎮護しているんですね。
    seiryuden-25

    将軍塚 西展望台*:Shogunzuka west viewing platform*

    将軍塚の横には展望台があります。
    seiryuden-26

    展望台から望む青龍殿。
    seiryuden-27

    展望台から望む庭園。
    seiryuden-28

    青龍殿庭園*:The garden of Seiryu-den*

    こちらが青龍殿庭園(せいりゅうでんていえん)です。
    この庭園は、前半部分は回遊式庭園、後半部分は枯山水庭園になっています。
    seiryuden-29

    こちらは前半部分の回遊式庭園です。
    seiryuden-31

    回遊式庭園を進んでいくと・・・、
    seiryuden-35

    庭園の後半部分には枯山水式庭園があります。
    seiryuden-38

    春季と秋季には庭園のライトアップも開催されます。
    seiryuden-39

    庭園の出口を出ると、再入場は出来ませんのでご注意を!!
    seiryuden-40

    5.将軍塚青龍殿の写真一覧

    ■Flickr:Photo of Shogunzuka Seiryu-den (20161201)
    Photo of Shogunzuka Seiryu-den (20161201)

    ■Flickr:Photo of Shogunzuka Seiryu-den’s autumn leaves (20161201)
    Photo of Shogunzuka Seiryu-den’s autumn leaves(20161201)

    6.将軍塚青龍殿の御朱印

    御朱印の墨書きは、このお寺ご本尊である「青不動(あおふどう)」です。
    御朱印は青龍殿でいただくことができます。
    seiryuden-11

    7.将軍塚青龍殿の行き方・アクセス方法

    将軍塚青龍殿への行き方・アクセス方法は以下の通りです。

    将軍塚青龍殿の最寄り駅は「京阪 祇園四条駅」、「阪急 河原町駅」です。
    (三条駅、河原町駅、清水五条からバスで行くことも出来ます。)

    ・青龍殿行きのバス(京阪バス)は土・日・祝日、11月の全日、ゴールデンウィーク期間中のみ運行しています。


      乗換え案内

    ■大阪駅から京阪祇園四条駅のルート例
    higashi-otani-mantoue-22-jp

    ■なんば駅から京阪祇園四条駅のルート例
    higashi-otani-mantoue-23-jp

    ■京都駅から京阪祇園四条駅のルート例
    yasakajinja-48-jp

    ■祇園四条駅から徒歩で行く場合

    徒歩で行く場合はこちらを参照してください。

    ■三条駅からバスに乗車する場合

      バス乗換え案内

    [時刻表]70系統

    バス会社:京阪バス
    行先・系統:70系統[将軍塚青龍殿行き]
    乗車バス停:三条京阪[乗り場C1]
    降車バス停:将軍塚青龍殿
    運賃:230円
    所要時間:約30分

    ■河原町駅からバスに乗車する場合

      バス乗換え案内

    [時刻表]70系統

    バス会社:京阪バス
    行先・系統:70系統[将軍塚青龍殿行き]
    乗車バス停:四条河原町[乗り場5]
    降車バス停:将軍塚青龍殿
    運賃:230円
    所要時間:約20分

    ■清水五条駅からバスに乗車する場合

      バス乗換え案内

    [時刻表]70系統

    バス会社:京阪バス
    行先・系統:70系統[将軍塚青龍殿行き]
    乗車バス停:五条京阪
    降車バス停:将軍塚青龍殿
    運賃:230円
    所要時間:約15分

    ■タクシーで行く場合

    seiryuden-44

    京都駅から:約15分 2,500円
    祇園四条駅から:約10分 2,000円

    いかがでしたか?

    是非一度足を運んで見て下さい!!

    それでは楽しい旅を!( *´艸`)

    Leave a Reply

    *

    CAPTCHA