奈良の世界遺産:「古都奈良の文化財」の見どころと行き方

LINEで送る
Pocket

  • 日本語
  • English
  • 中文(繁體)

historic-nara-01-txt

794年に平安京に都が遷都される前の、日本の中心は奈良=平城京でしたよね!
(厳密にはその間の9年間は長岡京に都がありましたが。)

そのため、京都に比べてもその歴史が古い奈良の寺社仏閣には、1300年以上の歴史を持つものが数多くあります。

そんな奈良の寺社仏閣の中でも、特に歴史的価値の高いものが「古都奈良の文化財」として選定され、世界文化遺産に指定されています。

京都に比べるとまだまだ認知度は少ないですが、どの文化財も一度は必ず見ておくべき魅力を持った場所ですよ!

今回は、そんな世界遺産「古都奈良の文化財」をご紹介します。

ちなみに、世界遺産「古都京都の文化財」についての紹介記事は以下です。

*いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。

Contents:

  1. 世界遺産「古都奈良の文化財」について
  2. 「古都奈良の文化財」の詳細

1.世界遺産「古都奈良の文化財」について

古都奈良の文化財(ことならのぶんかざい)は、奈良県奈良市にある寺院などから構成される世界遺産(文化遺産)である。1998年12月2日に京都市で開催されたユネスコ世界遺産委員会で、日本で9件目の世界遺産(文化遺産)として登録された。
現在の構成遺産は、国宝建造物があるか、特別史跡に指定されているか、特別天然記念物であるものだけで構成されている。(平城宮跡の一部は特別名勝にも指定されている。)
引用(citation):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%83%BD%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1

2.「古都奈良の文化財」の詳細

古都奈良の文化財には、奈良の八箇所の寺社仏閣や場所が指定されています。

・東大寺(正倉院含む)

↓東大寺の訪問記事はこちら↓

大仏殿を含む多数の建造物が国宝に指定されています。
todaiji-01-txt

・興福寺

↓興福寺の訪問記事はこちら↓

東金堂や五重塔を含む多数の建造物が国宝に指定されています。
kofukuji-01-txt

・春日大社

↓春日大社の訪問記事はこちら↓

本殿が国宝に指定されています。
kasugataisha-01-txt

・元興寺

本堂、禅室、五重小塔が国宝に指定されています。
04-gankoji

・薬師寺

東院堂、東塔が国宝に指定されています。
05-yakushiji

・唐招提寺

金堂のほか、多数の建造物が国宝に指定されています。
06-toshodaiji

・平城宮跡

平城宮跡が特別史跡、また、平城東院庭園が特別名勝に指定されています。
07-heijyokyushi

・春日山原始林

原生林全体が国の特別天然記念物に指定されています。
08-kasugayama

いかがでしたか?

是非一度足を運んで見て下さい!!

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

<日本・関西の観光情報はJapan’s Travel Manualで検索!!>
<「どこよりも詳しい観光地への行き方を紹介するサイト」を目指しています。>

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

*