直島(瀬戸内国際芸術祭):まるごと美術館!瀬戸内芸術の中心地。

Pocket

  • English
  • 日本語
  • 中文(繁體)

nao-shima-01-txt

瀬戸内芸術の原点である島、それがこの直島です。

1992年にベネッセハウスがオープンしてから、この島は現代アートと瀬戸内の自然が融合する芸術文化の発信の地となりました。

1周16kmの小さな島に3つの大きな美術館施設と家プロジェクトに代表される瀬戸内のアートが散りばめられています。

この直島のアートが世界に注目されたことで、瀬戸内国際芸術祭がはじまりました。

まさに瀬戸内国際芸術祭の原点の島です。

*この記事はメニューから言語の切替が可能です。(As for this article, the choice of the language is possible from the menu.)

Contents:

  1. 直島について
  2. 直島の美術館
  3. 直島のアート作品
  4. 直島の行き方

1.直島について

直島のアート作品や美術館の殆どは月曜日が定休日です。

アート鑑賞が目的の場合は月曜日ではない別の曜日に行くようにしましょう。

滞在時間の目安:1日(電動アシスト自転車利用の場合)

直島にはとても沢山のアート作品と3つの大きな美術館があります。
ゆっくり見て回るには1日でも足りないくらいですので、余裕を持ったスケジュールをおススメします。

港からは町営バスが運行しています。

バスで島を1周する場合は町営バスとベネッセアートサイトのシャトルバスを乗り継ぎましょう。

■町営バス時刻表
naoshima-bus

■ベネッセアートサイト シャトルバス時刻表
ShuttleBus_Visitor_Ja

また、港の近くではレンタサイクルを借りることも出来ます。

私は以下のお店でレンタサイクルを借りました!

このお店は事前の予約が可能で、支払いにクレジットカードが使えるので便利です!
naoshima-04-02

貸出時間:9:00~19:00(冬季は18:00)
料金:1,500円/1day(電動アシスト自転車)
naoshima-04

直島の名前を世界に発信したかぼちゃのオブジェ。1994年に創られた草間彌生さんの作品です。
naoshima-00

個々のアート作品だけではなく、直島にあるモノや自然全てがアートである、というスタンスですね。(○´艸`)
naoshima-06

アートだけではなく自然も素晴らしいです。もはや自然も一つのアートですね・・・。d(*゚ー゚*)
naoshima-06-02

2.直島の美術館

直島には瀬戸内アートを代表する3つの大きな美術館があります。

・ベネッセハウスミュージアム

1992年に開館した美術館とホテルが融合している施設で、直島アートプロジェクトの先駆けとなった場所です。
施設内には至るところに現代アートが飾られています。

開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)
休館日:年中無休
鑑賞料金:1,030円

・地中美術館

地中美術館は2004年に開館した美術館です。
その名前の通り、建物の殆どが地下に建てられています。(自然の景観を損なわないために。)

開館時間:
3月1日~9月30日:10:00~18:00(最終入館17:00)
10月1日~2月末日:10:00~17:00(最終入館16:00)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)
鑑賞料金:2,060円(15歳以下無料)

・李禹煥美術館

日本の現代美術に大きな影響を与えた李禹煥と建築家・安藤忠雄のコラボレーションにより生まれた美術館です。

開館時間:
3月1日~9月30日:10:00~18:00(最終入館17:30)
10月1日~2月末日 :10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)
鑑賞料金:1,030円(15歳以下無料)

3.直島のアート作品

ここで紹介しているのは作品の一部です。アート作品はやっぱり自分の目で見てなんぼですので、是非実際に行って鑑賞してみてください!
*写真撮影不可の作品もありますのでご注意ください。

どの作品も素敵ですが、個人的に特におススメの作品は「No.007」「No.008」「No.201」です。

[No.001:直島銭湯「I♥湯」(大竹伸朗:日本)]
[No.001:Naoshima Bath “I湯 (I Love YU)”(Shinro Ohtake:Japan)]
naoshima-08-01-01 naoshima-08-01-02

[No.005:直島パヴィリオン(藤本壮介:日本)]
[No.005:Naoshima Pavilion(Sou Fujimoto:Japan)]
naoshima-09-05-01

[No.006:直島建築+The Naoshima Plan(日本)]
[No.006:Naoshima Architectures+The Naoshima Plan(Japan)]
naoshima-10-06-01

[No.007:直島ホール(三分一博志:日本)]*おススメです!
[No.007:Naoshima Hall(Hiroshi Sambuichi:Japan)]*My favorite!!
naoshima-11-07-01 naoshima-11-07-02

[No.008:ANDO MUSEUM(安藤忠雄:日本)]*おススメです!
[No.008:ANDO MUSEUM(Tadao Ando:Japan)]*My favorite!!

館内は写真撮影禁止です。外観は古民家ですが、中はコンクリート張りのとてもモダンな設計になっています。
naoshima-12-08-01

[No.009:角屋 / Sea of Time ’98ほか(宮島達男:日本)]
[No.009:Art House Project “Kadoya”(Tatsuo Miyajima:Japan)]

館内は写真撮影禁止です。
naoshima-13-09-01

[No.010:護王神社 / アプロプリエイトプロポーション(杉本博司:日本)]
[No.010:Art House Project “Go’o Shrine”(Hiroshi Sugimoto:Japan)]
naoshima-14-10-01 naoshima-14-10-02

[No.011:南寺 / バックサイド・オブ・ ザ・ムーン(James Turrell:アメリカ)]
[No.011:Art House Project “Minamidera”(James Turrell:United States America)]

館内は写真撮影禁止です。
naoshima-15-11-01

[No.012:碁会所(須田悦弘:日本)]
[No.012:Art House Project “Gokaisho”(Yoshihiro Suda:Japan)]

館内は写真撮影禁止です。
naoshima-16-12-01 naoshima-16-12-02

[No.013:石橋 / ザ・フォールズ / 空の庭(千住博:日本)]
[No.013:Art House Project “Ishibashi”(Hiroshi Senju:Japan)]

館内は写真撮影禁止です。
naoshima-17-13-01

[No.014:はいしゃ / 舌上夢 / ボッコン覗(大竹伸朗:日本)]
[No.014:Art House Project “Haisha”(Shinro Ohtake:Japan)]

館内は写真撮影禁止です。
naoshima-18-14-01

[No.020:桜の迷宮(安藤忠雄:日本)]
[No.020:LABYRINTH OF CHERRY BLOSSOM(Tadao Ando:Japan)]
naoshima-19-20-01

[No.021:彼方の気配(戸髙千世子:日本)]
[No.021:Sense in the distance(Chiyoko Todaka:Japan)]
naoshima-20-21-01

[No.201:赤かぼちゃ(草間彌生:日本)]*おススメです!
[No.201:Red Pumpkin(Yayoi Kusama:Japan)]*My favorite!!
naoshima-21-201-01

[No.202:海の駅「なおしま」(妹島和世:日本)]
[No.202:Marine station “Naoshima”(Kazuyo Sejima:Japan)]
naoshima-22-202-01

[No.203:BUNRAKU PUPPET(ジョゼ・デ・ギマランイス:ポルトガル)]
[No.203:BUNRAKU PUPPET(José de Guimarães:Portugal)]
naoshima-23-203-01

4.直島の行き方

高松港までの行き方は以下の記事を参照してください。

■MAP

■高松港→直島(宮浦港)

高松港から直島(宮浦港)へはフェリーと高速船が運航しています。
「フェリー」は約50分、520円です。「高速船」は約25分、1,220円です。
naoshima-03

フェリーのチケット売り場及び乗り場は①、②の方向です。
naoshima-02

高速船のチケット売り場及び乗り場は③、④の方向です。
naoshima-01

いかがでしたか?

瀬戸内の芸術の原点である直島には美術館をはじめ見どころが沢山あります。
是非丸一日かけて観光することをおススメします。

それでは楽しい旅を!( *´艸`)

Pocket

Follow on SNS

コメント

Leave a Reply

*