大阪/京都間の電車を徹底比較!運賃は?所要時間は?

    • 日本語
    • English
    • 中文(繁體)

    osaka-kyoto-train_front-01

    関西の代表的な都市である「大阪」「京都」

    この2つの都市を結ぶ交通手段は、電車だけでも「JR(在来線/新幹線)」「阪急電鉄」「京阪電鉄」の3つの路線が走っています。

    なので、関西に詳しくない人からするとこんな疑問を持つと思います。

    「どの電車が一番速いの?」

    「どの電車が一番安いの?」

    「で、結局どれに乗ればいいの?」

    ということで、この記事では3路線の特徴や運賃を詳しくまとめました。

    計画的に電車を選択して、お得に移動しましょう!

    *注意点

    ・「回数券」の値段は、1枚当たりの単価(四捨五入)を記載しています。
    ・「回数券」を1枚単位で購入するには、金券ショップで購入してください。
    ・「金券ショップ」での購入金額は考慮に入れていません。
    ・「JR西日本の昼得切符」は、2018年9月30日で販売終了となりました。

    *いつも広告クリックありがとうございます。サイト運営の励みになります。


    目次

    1. 路線比較
    2. 「比較」は行き先を決めてから!
    3. JR西日本の特徴
    4. 阪急電鉄の特徴
    5. 京阪電鉄の特徴
    6. 金券ショップ情報

    1.路線比較

    大阪-京都間の電車比較


    ■所要時間別(各路線の「最速電車」で比較)

    1位:新幹線(「新大阪駅」-「京都駅」:約15分)

    2位:JR「新快速」(「大阪駅」-「京都駅」:約28分)

    3位:阪急「特急/快速特急」(「阪急梅田駅」-「河原町駅」:約43分)

    4位:京阪「特急/快速特急」(「淀屋橋駅」-「祇園四条駅」:約50分)

    最速は「新幹線」ですが、「新大阪駅まで移動する必要がある」+「運賃が高額」です。

    関西で、大阪と京都を移動するのにわざわざ新幹線を使う人はいません

    ので、とにかく早く移動したい場合は「JRの新快速」が一番おすすめです!


    ■運賃別(正規運賃)

    1位:阪急(「阪急梅田駅」-「河原町駅」:400円)

    2位:京阪(「淀屋橋駅」-「祇園四条駅」:410円)

    3位:JR(「大阪駅」-「京都駅」:560円)

    4位:新幹線(「新大阪駅」-「京都駅」:1420円)

    正規運賃で見ると、「阪急電車の400円」が最安です。

    ただし、各路線で大阪と京都にある駅の場所が微妙に違います。

    ので、後述のとおり「目的地はどこなのか?」によって選択するのが一番良いと思います。


    ■運賃別(平日10:00~16:00)

    1位:阪急(「阪急梅田駅」-「河原町駅」:約333円)

    2位:京阪(「淀屋橋駅」-「祇園四条駅」:約342円)

    3位:JR(「大阪駅」-「京都駅」:約509円)

    4位:新幹線(「新大阪駅」-「京都駅」:1340円)

    「平日10:00~16:00」は、以下の切符が最安です。

    「阪急」と「京阪」は「時差回数券」。

    「JR」と「新幹線」は「回数乗車券」。

    「1枚単位」で購入するには「金券ショップ」や「金券販売機」での購入が必要で、上記金額にショップの利益が数%上乗せされます。

    以前はJRに「昼間割得切符(1枚350円)」というかなりお得な割引切符があり、金券ショップに行く手間を考えても購入したほうがいいぞ!という考えが定番でした。

    しかしこの昼間割得切符はすでに販売・利用期間が終了しており、その他路線もせいぜい「片道40円程度の節約」にしかなりません。

    ので、金券ショップに行く手間と時間を考えれば、個人的にはどの路線も「普通に正規運賃で行く」ことをおすすめしたいです


    ■運賃別(平日その他時間帯)

    1位:阪急(「阪急梅田駅」-「河原町駅」:約364円)

    2位:京阪(「淀屋橋駅」-「祇園四条駅」:約373円)

    3位:JR(「大阪駅」-「京都駅」:約509円)

    4位:新幹線(「新大阪駅」-「京都駅」:1340円)

    「平日その他時間帯」は、どの路線も「回数乗車券」が最安です。

    「1枚単位」で購入するには「金券ショップ」や「金券販売機」での購入が必要で、上記金額にショップの利益が数%上乗せされます。

    こちらも、金券ショップに行く手間と時間を考えれば、個人的にはどの路線も「普通に正規運賃で行く」ことをおすすめしたいです


    ■運賃別(土・日・祝日)

    1位:阪急(「阪急梅田駅」-「河原町駅」:約286円)

    2位:京阪(「淀屋橋駅」-「祇園四条駅」:約293円)

    3位:JR(「大阪駅」-「京都駅」:約509円)

    4位:新幹線(「新大阪駅」-「京都駅」:1340円)

    「平日10:00~16:00」は、以下の切符が最安です。

    「阪急」と「京阪」は「土・休日回数券」。

    「JR」と「新幹線」は「回数乗車券」。

    「1枚単位」で購入するには「金券ショップ」や「金券販売機」での購入が必要で、上記金額にショップの利益が数%上乗せされます。

    「阪急」と「京阪」の「土・休日回数券」は割引率がかなり高いので、金券ショップで購入するのもアリです。


    2.「比較」は行き先を決めてから!

    「1.路線比較」でまとめた通り、単純に速さなら「JR」、運賃なら「阪急電車」がおすすめになります。

    ただ、ちょっと考えてみてください。

    せっかく大阪や京都に「早く」「安く」行けても、その「到着駅」から「目的地」まで遠かったら結局バスや地下鉄に乗るはめになりますよね。

    ので、個人的にはまず「目的地がどこにあるのか?」を前提として、乗るべき電車を決めるのが賢いと思います!

    そこで、「京都にある各路線の代表的な駅の場所」と、本サイトで紹介している「京都の代表的な観光地」を地図にまとめました。


    3.JR西日本の特徴

    osaka-kyoto-train_18-2


    ■特徴

    なんといってもその「速さ」

    「新快速」なら「大阪-京都間」を約28分で行くことができますが、とても混雑します

    「大阪駅」や「京都駅」から乗車の場合は、並ばないと座れないことが多いです。

    ■主要駅周辺の観光地

    京都駅

    西本願寺東本願寺東寺「京都水族館」「京都タワー」

    東福寺駅

    東福寺」「泉涌寺

    稲荷駅

    伏見稲荷大社

    宇治駅

    平等院」「宇治上神社

    ■まとめ

    osaka-kyoto-train_03_jp_1808


    4.阪急電鉄の特徴

    osaka-kyoto-train_19-2

    ■特徴

    なんといってもその「安さ」

    「梅田(大阪)-河原町(京都)間」を400円で行くことができます。

    また、大阪・京都のどちらの駅も「始発駅」のため、必ず座れます

    ■主要駅周辺の観光地

    河原町駅

    八坂神社」「知恩院」「錦市場」「鴨川」「先斗町」

    大宮駅

    二条城」「壬生寺」

    桂駅

    桂離宮」「パグカフェ Living Room

    嵐山駅

    天龍寺

    ■まとめ

    osaka-kyoto-train_04_jp_1808


    5.京阪電鉄の特徴

    osaka-kyoto-train_20-2

    ■特徴

    なんといっても「沿線の観光名所の多さ」

    観光客に人気の京都を代表する寺社仏閣の多くは、この京阪電車が最寄り駅となります。

    また、淀屋橋(大阪)が「始発駅」のため、大阪から行く場合は必ず座れます

    ■主要駅周辺の観光地

    出町柳駅

    下鴨神社

    神宮丸太町駅

    京都御苑(京都御所)」「仙洞御所」「平安神宮

    祇園四条駅

    八坂神社」「知恩院」「建仁寺」「高台寺」「鴨川」「先斗町」

    清水五条駅

    清水寺

    七条駅

    三十三間堂

    東福寺駅

    東福寺」「泉涌寺

    伏見稲荷駅

    伏見稲荷大社

    宇治駅

    平等院」「宇治上神社

    ■まとめ

    osaka-kyoto-train_05_jp_1808


    6.金券ショップ情報

    回数券を1枚単位で買う場合は、「駅近くの金券ショップや金券の自動券売機」を活用しましょう!

    ・大阪駅、梅田駅周辺の金券ショップ情報

    ・京都駅周辺の金券ショップ情報


    いかがでしたか?

    それでは楽しい旅を!( *´艸`)

    Leave a Reply

    *

    CAPTCHA